ファンダメンタル分析とは?

FXを行う場合、勘に頼って行うわけではありません。 それでは、投資ではなくまるでギャンブルのようになってしまいます。 しかし、為替が円安に動くのか、それとも円高に動くのか、誰にも正確に予測することはできません。 では、何を頼りに売買取引をすれば良いのでしょう。 一般にFXを行う場合に用いられるのは二つあります。 一つはファンダメンタル分析と呼ばれるもので、もう一つはテクニカル分析と呼ばれるものです。 どちらも、分析という言葉がついているように、決して勘を頼りに投資判断するのではないことはわかると思います。 ファンダメンタル分析というのは、経済の基本、ベースになっていることを分析することで、今後の動向を予想することです。 株価であれば、その企業業績や財務状況など、株価に影響を与えそうなことを分析し、今後の株価の動向を予想します。 FXであれば、その世界の経済状況や、日銀やアメリカのFRBなどがどのような経済政策をとるかを分析して、為替の動向を予想します。 たとえば、日銀はバブル崩壊後、金利を下げる政策を実行しました。 政策金利が下がると、通貨の価値も下がるので円安に動くと予想できます。 また、連日報道されているように、ユーロ経済が不安定になると、安全資産として認知されている円が買われ円高に動きます。 このような為替の動きがある程度予想することができるわけです。 特に、FXにおいて中長期的な動向を分析するためには、ファンダメンタル分析は有効だと言われています。 中期トレンドがわかれば、それにしたがってやや気の長い投資を心がけると、やがて利益につながることでしょう。

line